鑑定書の必要性


お花婚約指輪に求めるものというのは人によって様々です。デザインや価格、ブランド、石の種類やサイズなどいろいろな選ぶポイントの中からその人の優先順位に応じて指輪を選んでいきます。残念ながらすべての希望を叶える完璧な指輪というのはなかなかありません。

ダイヤモンドの質が高くなれば価格は高くなりますし、価格を抑えると石のサイズが小さくなったりカットの方法が限られてきたりします。そのため自分の中で譲れないポイントを考えて妥協するところと譲らないところを決めて、そのポイントを参考に可能な限り完璧に近いものを選んでいくことが重要です。

このような指輪を探していく中で重要視したいことの一つとして鑑定書というものがあります。これはダイヤモンドのついているアクセサリーを購入したらついてくるものであり、ダイヤモンドのランクが書かれています。

ブランドによっては鑑定書が付かずにブランドの商品保障がついてくるのみのものもありますし、鑑定書にも種類があるので鑑定書の有無だけでなく、きちんとどこの鑑定書が付いてくるのかということも確認が必要になります。また、鑑定書が付いていないという場合にはダイヤモンドがどういったものであるかわからないため購入することは危険です。